派遣を利用すればアパレル会社に勤められる

女性
  1. ホーム
  2. 自由な働き方を選ぶ

自由な働き方を選ぶ

男女

直接雇用ではないメリット

派遣として働くメリットはいくつかあります。派遣会社に登録しておき、自分の希望する仕事の条件を伝えておけば、それに近い仕事を紹介してもらえることです。自分で仕事を探す手間が省けます。さらに同じ仕事でも直接雇用のアルバイトやパートなどと比べると、時給が高い場合もあります。職種や地域などによっても時給は変わってきます。派遣社員を採用したい企業にとっては、すぐに使える人員を集めやすいというメリットがあります。そのため企業では即戦力のある人材を求めています。時給が高い分、より仕事のできる人材を求めているとも考えられます。派遣社員は働く企業での直接雇用ではありません。そのため社会保険などは派遣会社のほうに加入することになります。期間が長くなってくるとさまざまな規定により、派遣の仕事が続けられなくなってくる場合があります。派遣先企業で直接雇用の打診があれば、そのような労働条件に変更することもできます。いくつかの派遣会社へ登録しておくことで、より多くの仕事を紹介してもらえる可能性が高まります。また、専門的な仕事の経験があり、それを生かしたい時は、その旨を伝えておくようにしましょう。今すぐその求人がなくても、求人が出た時に紹介してもらいやすくなります。長期的な仕事だけではなく、短期や単発などの仕事もあります。本業で派遣として働くだけではなく、開いた時間を利用して副業として働くことも可能です。中には在宅の仕事を紹介している派遣会社もあるので、必要に応じて利用してみるのも良いでしょう。