品種が豊富なジャガイモを育てるコツを知ろう

環境に合わせてジャガイモを育てよう!育て方の基礎知識を身につける

沢山の数があるジャガイモの品種

ジャガイモの品種は、皮が黄色いタイプには、男爵芋やメークインや新じゃがいもなどがあります。また、皮が赤や紫色のタイプには、シャドークイーンやグラウンドペチカやアンデスレッドなどがあるのです。

男爵とメークインの違いとは?

男爵薯とは

男爵薯は、アメリカが原産のアイリッシュコブラーという品種を普及させたものです。早生種で環境に対する適応性が高いため、収穫量が多いのが特徴になります。

メークインとは

メークインは、イギリスが原産のジャガイモです。メークインの形はやや下膨れの長楕円形で少々曲がっていて、果肉は黄色っぽい白色になります。

品種が豊富なジャガイモを育てるコツを知ろう

園芸

ジャガイモを育てる前に準備しておくもの

ジャガイモの育て方は、まずは種いもを準備します。ジャガイモの種いもは、スーパーで売っている食用のものは、病気になりやすいので避けましょう。そのために、検査に合格した種いもを用意します。土づくりは、苦土石灰の大量の散布は、ジャガイモの肌を痛めてしまいますので避けましょう。もしくは、pH5.0から6.0の範囲内に抑えるようにしましょう。

畑

ジャガイモの育て方での注意点

ジャガイモには、アブラムシやテントウムシダマシなどの害虫がつくことが多々あります。放っておくと被害が広がりますので、早めの駆除が必要です。また、直射日光や紫外線を多くあてると、毒性が強いソラニンが増えます。ソラニンを食べると、頭痛や嘔吐や下痢などを起こし、中毒症状になることがありますので注意が必要になります。

植物

種芋の購入方法

育てる環境に合わせて品種を選ぼう

ジャガイモの品質選びには、春ジャガイモと秋ジャガイモとでは違ってきます。また、品質によって、育てる難易度が易しいか難しいかどうかも変わってきます。